• ホーム
  • なぜできる?ニキビの原因を種類別に解説!

なぜできる?ニキビの原因を種類別に解説!

マスクシートを使用している女性

ニキビには種類があり、その種類によって出来てしまう原因も対処法も異なります。それぞれの違いを知っておくことが重要と言えるでしょう。特に初期の段階で発生しやすいのが白ニキビです。皮脂が溜まることにより、毛穴が詰まって盛り上がることで発生します。ぽつぽつとした見た目をしていて、触るとすぐにつぶれてしまいそうな様子になっているのが特徴です。それゆえに癖で潰してしまう方も多いですが、跡を残さないためには潰さないことが重要となります。なるべく触らないようにして保湿などのスキンケアを行うことによって悪化させる前に治せる可能性があります。ここで強い洗浄力を持つ洗顔料を使ってしまうと悪化させてしまう可能性が上がるので注意しておきましょう。白ニキビの毛穴が開き、そこに酸化した皮脂などが入り込むことで発生するのが黒ニキビです。シミやほくろのように見えることも多く、ニキビと認識されてしないケースも多くなっています。黒ニキビが出来るとショックを感じて潰そうとする方もいますが、それは跡を残すことに繋がってしまいます。黒ニキビの場合は自然な肌の新陳代謝では治らないケースがあるので、ニキビ治療薬を使用することが特に重要となります。

白ニキビの症状が悪化して炎症を起こすことで発生するのが赤ニキビです。アクネ菌が皮脂を栄養にして増殖することで赤ニキビはその赤みを増していきます。赤ニキビを治療するためには抗炎症作用を持つ治療薬を使用することが大切です。乾燥などは炎症を強めてしまう要素なので注意しておきましょう。治療を一切行わなかった場合、跡が残ってしまうことも多いのが特徴です。赤ニキビの炎症がどんどん激しくなると黄ニキビになることがあります。黄ニキビは膿ニキビとも呼ばれており、膿が外に出ていく症状がこのニキビの特徴です。治療薬を使いながら様子を見ることによって膿自体は治まることが少なくありません。しかし、膿が治っても完治していないケースが多く、引き続いて治療を行うことが重要となっています。

ニキビは種類によって発生しやすい箇所が異なります。鼻は皮脂が特に多くなりやすいことから膿ニキビが発生することも多いです。赤ニキビは汗などが溜まることのあるおでこによくできます。白ニキビは顔であれば場所を問わず発生します。黒ニキビは毛穴が大きくなりやすい口周りにできやすいと言えるでしょう。発生しやすい箇所を知っておくと予防に役立ちます。

思春期は皮脂の分泌が増える時期なのでニキビができやすいと言えるでしょう。しかしながら思春期を過ぎた大人にもニキビが出来ることがあります。思春期ニキビが皮脂を原因とすることが多いのに対し、大人はストレスなど心理面が原因で肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。原因には違いがありますが、その治療はある程度共通しています。思春期でも大人でも炎症を鎮めることと、アクネ菌を除去することが大切です。