• ホーム
  • なぜ寝不足が肌荒れに繋がるのか?メカニズムを解説します

なぜ寝不足が肌荒れに繋がるのか?メカニズムを解説します

寝不足によって肌荒れが起こった経験を持つ方は珍しくありません。睡眠は肌の状態を良くするために非常に重要な要素の1つです。睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは大人になってからも分泌され続けることが分かっており、皮膚の調子を整える上で重要な役割を担っています。睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が減り、肌の状態が回復しないまま日々を過ごすことになります。その結果、肌荒れなどの肌トラブルが起こることも多くなっています。適切な睡眠時間を毎日維持することは非常に重要と言えるでしょう。

人間の皮膚には皮脂腺維芽細胞という細胞が点在しています。この皮脂腺維芽細胞にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった肌のハリに欠かせない物質を作り出すことに貢献しているという特徴があります。皮脂腺維芽細胞が衰えてしまうと新陳代謝は鈍り、コラーゲンやエラスチンは変性して肌のハリが失われてしまいます。皮脂腺維芽細胞を元気にするためにも適切な睡眠時間を確保することが大切です。睡眠を十分にとり、皮脂腺維芽細胞が元気な状態を作り出すことで肌のハリを回復させられる可能性があります。

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質も非常に重要となります。例えばストレスを感じたまま眠ってしまうと深い睡眠にならず、肌が十分に休めない状態が続きます。その結果、新陳代謝が乱れるというケースは少なくありません。これがストレスを抱えた眠ることで肌荒れが起こるメカニズムです。睡眠の質を上げることが出来れば肌のターンオーバーを促進することに繋がり、それが美肌をもたらしてくれます。睡眠の質を上げるために重要なのが眠り始めの最初の90分です。眠る直前までブルーライトを浴び続けると最初の90分の眠りが浅くなります。それゆえに寝る1時間以上前からブルーライトをなるべく浴びないようにすることが大切です。人は眠るときに深部体温が下がる性質があります。深部体温を円滑に下げることが出来れば、睡眠の質を上げることに繋がります。そこで寝る2時間から3時間ほど前にお風呂に入ることが有効です。お風呂に入った直後は体温が上がりますが、出てからしばらくすると体温が下がり始めます。その下がり方を上手く活用して眠ると質の良い睡眠をとれる可能性が高まります。この深部体温と睡眠の質の関連やメカニズムは既に研究が進められていて、特に信ぴょう性が高いと言えるでしょう。

肌荒れがなかなか治まらないときには新陳代謝が乱れている可能性があります。そのことで悩むとストレスになってますます肌の調子が低下する可能性があるので、とにかく肌の調子がおかしいと感じたときはなるべく早く寝ることが大切です。どうしても用事などで早く寝られない時は睡眠の質を上げられるように入浴や食事の時間を調整しましょう。寝不足は肌が乱れることに繋がりますが、逆に言えば睡眠を改善出来れば肌の調子が上がりやすくなるということです。肌のターンオーバーを促進するためにも、出来るだけ睡眠の質を低下させないようにすることが重要と言えるでしょう。