• ホーム
  • ニキビができた時のメイク術とは

ニキビができた時のメイク術とは

ニキビが出来てしまった場合でもメイクの仕方次第で隠すことが出来ます。ただし、隠し方が不自然だった場合は逆効果になる可能性もあります。また、ニキビのある部分に負担をかけるようなメイクをしないことも重要と言えるでしょう。

ニキビを隠す際に使いやすいアイテムの1つがパウダーファンデです。パウダーファンデはピンポイントで肌トラブルの箇所を覆うことが出来ます。使い方も簡単なので急にニキビが出来たケースにおいても使いやすいと言えるでしょう。コンシーラーもニキビ隠しにぴったりのアイテムの1つです。筆を使ってコンシーラーを塗ることにより、膨らませることなく肌トラブルの箇所を見えない状態にすることが出来ます。コンシーラーを指で塗ってしまうと均等に仕上がりにくいので注意しておきましょう。コンシーラーを選ぶときには色に注目することが重要です。自分の肌の色と全く同じものを選択する方もいますが、実際に塗ってみると意外と合わないというケースもあります。そこで自分の肌よりも1段階濃い色を選択するのが有効です。カバー力をアップさせたい場合は少し濃いめのコンシーラーを選ぶことが重要と言えるでしょう。また、2色のコンシーラーをバランス良く混ぜることで一層目立ちにくくすることが出来ます。筆で塗ったあと最後の仕上げは指で行うようにしましょう。

メイク下地との相性も非常に重要です。いくらコンシーラーでにきびを見えにくい状態にしたとしても、メイク下地との相性が悪かった場合には結局目立つ仕上がりになる可能性があります。厚塗りになってしまっては本末転倒です。薄塗りでも隠せるようなメイク下地を選択する必要があります。

ニキビを隠すことばかりを気にして、いろいろな化粧品をニキビの上に塗ると刺激が起こってしまうこともあります。そこで刺激を抑えることが出来る敏感肌用を選択するのが有効です。市販されている製品の中には敏感肌用や薬用のものがあります。いずれも刺激に弱いニキビの上であっても塗りやすいのが大きなメリットです。

厚塗りになってしまいがちな場合は細かく確認しておくようにしましょう。普段の自分のメイクを写真でとっておき、肌トラブルを隠した際のメイクと比較することも有効です。どうしても逆効果になる場合は変に誤魔化さない方が良い場合もあります。

薬用という表記があると、医薬品のような性能があるのではと考える方もいるかもしれません。しかし、薬用というのは医薬品を示す表記ではなくむしろ医薬部外品を示す表記となっています。医薬部外品は医薬品ではないものの、刺激性が低い成分で作られていることが多いので敏感肌の方も使いやすいです。普段は敏感肌でない方も肌トラブルが起こった場合は、敏感肌用の化粧品を使うことが有効となります。なるべく刺激性の低いものを選択することにより、ニキビの治りが早まるケースもあります。自分にあった化粧品で肌トラブルを隠すことが重要です。