• ホーム
  • ニキビを防ぐスキンケア方法

ニキビを防ぐスキンケア方法

肌を心配している女性

ニキビを防ぐためには日ごろのスキンケアが重要となります。スキンケアの鍵を握るのが洗顔です。皮脂が詰まるとニキビが出来る可能性が上がるので、洗顔で皮脂を洗い流すことは非常に重要となります。洗顔の効果を一層高めるために洗顔料を使用することも考えられます。その洗顔料の選び方は非常に重要となります。洗顔料の洗浄力があまりにも高すぎた場合、顔に必要な成分まで洗い流すことになりかねません。そのため、洗浄力が強すぎないものを選ぶことが重要と言えるでしょう。また、べたつかないタイプを選ぶことも大切です。べたつかないタイプを選ぶことにより、肌をこすらなくても洗い流しやすくなります。肌をこすらないことは肌に負担をかけないためにも重要な要素です。洗顔は何度も行えば良いということではなく、1日に2回から3回ほどにしておくのが有効です。間隔を空けて顔を洗うことにより、負担を一層減らすことが出来ます。

クレンジングも大切なスキンケアの要素となっています。メイクが毛穴に残っているとそれが肌トラブルの原因になる恐れがあります。クレンジングを行うときも肌をこすらないことを意識しておきましょう。成分を角質層に浸透させ、奥の方の汚れも含めて洗い流すことが出来れば肌トラブルを防ぎやすくなります。クレンジングとメイクのバランスが重要です。薄目のメイクであれば軽いクレンジングでも十分に落とすことが出来ますが、濃い目のメイクをしたときにはしっかりと落とせるクレンジング剤を使うことが大切です。複数のクレンジング剤を用意し、その日のメイクに合わせて選択することが特に重要と言えるでしょう。やさしく洗い流すことはスキンケアにおいて最も大切なことの1つです。慌ててメイク落としをしてしまう時に、つい強めの力で肌をこすってしまうという方もいます。しかし、そのようなメイク落としがニキビの遠因になってしまうことも珍しくありません。急いでいる時でもやさしく落とすことを意識しておきましょう。

角質層はターンオーバーですぐに徐々に入れ替わっていきます。優しくケアしておくことでターンオーバーを妨げることなく、効率的に肌の調子を上げることが出来ます。洗顔やクレンジングを行ったあとは保湿をすることが欠かせません。洗顔やクレンジングをしっかりと行った後の肌は無防備になっています。その無防備な肌に保湿を行うことにより皮膚バリアを回復させることが出来ます。ニキビ防止のためにも保湿を適切に行うことが重要となります。特に乾燥肌の方にとっては保湿をいかに行うかによって美肌を実現できるかが決まると言っても過言ではありません。乾燥している場合は特にぬるま湯で毛穴を適度に開くことも有効です。ニキビが出来そうになったときには触ったりせずに優しくケアしておきましょう。洗顔の頻度を上げたりするのではなく、1回1回のスキンケアの質を上げることにより、肌のトラブルを抑制することも十分に可能となります。