• ホーム
  • 女性ホルモンを活性化させる食べ物で体の調子を整える!

女性ホルモンを活性化させる食べ物で体の調子を整える!

ニキビはホルモンとの関係が深いことが分かっています。女性ホルモンが増えると肌の調子が良くなりやすく、ニキビなどを改善することも出来ます。一方で男性ホルモンが多くなると皮脂腺の発達や皮脂の合成が進んでしまい、ニキビなどが増える可能性があります。それゆえになるべく女性ホルモンを増やせる食材を摂取することが重要となります。

女性ホルモンの中でも特に美肌に関係があるのが卵巣から作られるエストロゲンというホルモンです。エストロゲンは年齢を重ねるごとに徐々に分泌量が減っていきます。しかし、食材に含まれる成分の中にはエストロゲンと働きが似ているものもあります。それは豆乳など大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは食材から簡単に摂取することが出来ます。また、大豆には皮膚を作るために欠かせないタンパク質が多く含まれています。大豆製品を食べることでイソフラボンとタンパク質を同時に取り入れることが出来ます。バストアップを実現したい方にもうってつけと言えるでしょう。

イソフラボンを効率的に取り入れたい方にぴったりなのが豆乳です。最近では豆乳、野菜、果物を使ったスムージーがよく販売されているので取り入れることは簡単です。もちろん自作することも有効となります。豆乳とビタミンCを摂取することで高い美容効果を実現できます。バストアップを実現したい場合はイソフラボンと同時に適量の脂肪を取り入れることが重要となります。しかしながら、脂肪を食べることはダイエットなどに逆行してしまうリスクもあります。豆乳であれば適量に脂肪が含まれているのでバストアップにもぴったりです。

DHAやEPAをイソフラボンの摂取後に取り入れると、さらに効果がアップします。DHAやEPAには体の生理機能を整える働きがあります。青魚などに多く含まれており、1週間の中で青魚を意識的に食べる日を作るだけでも美容への効果が大きく変わります。そのほかにも低カロリーで栄養の豊富なきのこ類、様々なビタミンを多く含む野菜や果物などの食べ物をたくさん食べることも、女性ホルモンのバランスを整えるためには重要となります。

イソフラボンを摂取することで体内では女性ホルモンに近い働きが生まれますが、取り入れるだけではそれほど大きな効果が現れないケースもあります。そこで非常に重要なのがしっかりと睡眠時間を確保した後にイソフラボンを摂取することです。必要な睡眠が確保されていることにより疲労が抜けたあとに、有効な成分を摂取するとその成分を体が上手く活用しやすくなります。これは男性も女性も同じです。生活習慣によってホルモンの状態に変化が起こることに注意しておきましょう。逆に言えば生活習慣でホルモンの状態を整えつつ、女性ホルモンに近い成分を食事から取り入れることで効果を高めることも出来ます。肌は食べ物の影響を受けやすいことに気を付けておきましょう。